花木などの剪定時期

落葉樹といっても、花水木のような花木の剪定は、
花後にすべきというのが一般的だと思うんですが。

はい、一般的にはそのように言われているようです。
上記の方法は私もやりますし今からもやっていくと思います。

それを踏まえ、私の考え方は

◯ 樹木の方を維持する程度の軽剪定は花後すぐでも良い。
◯ 樹木の形を作るような強剪定は秋から春にかけて

だと考えています。

問題は剪定の量だと思います。

私の場合、夏剪定などもしますが伸びすぎた枝を切るくらいで
形を作るような剪定はしません。

なぜか言うと、春に花が咲き、葉が出て新梢も伸びます。
この一連の過程のなかで前年に蓄えた栄養をほとんど使ってしまうわけです。

そしてこれから夏にかけて来年のための栄養を作ろうとしている時に、
枝葉をたくさん落としてしまうと光合成ができず樹木にとっては大きな負担となります。

体力の無いときにまた枝葉をださなくてはいけないのですから
樹木自体も弱っていきます。

そのため、病害虫が付きやすくなったり、花芽になるはずの芽が
葉を出すために葉芽になったりするので花芽の数も少なくなります。
(これも切り落とす枝の量にもよりますが)

これに対して、葉が落ちてからとか落ちないまでも秋であれば
樹木自体の体力があるときの剪定なので樹木へのリスクが少ないので
樹型を作ったりするのには良い時期となります。

(移植にしろ、剪定にしろ一番良い時期は春先の芽吹く前です)

逆に芽吹いた後、6月~8月は樹木にいちばん負担のかかる時期となります。

また、一般的な植物の花芽は7月中(東京を例として)に形成されます。

基本的にはこう言った考えで私は樹木を管理しています。

また、こう言った適期からズレたときにどうするかというのは
その人の経験や知識によって違ってくると思いますが。。。

以上のようなことを考え、実行している植木屋さんは少ないと思います。

スポーツの世界では水分はとるな。が昔は常識でしたが
今は、水分を取るのが常識になりました。

こういった「昔の常識が今の非常識」とういことが、造園の世界でも起っています。

新しい知識、技術の吸収は必要な時代となりました。

【 芝 生 】秋からの作業

9月~10月は(春は3月~5月)芝生の植え付けの時期でもありますが、
今回は管理について。。。

★ 「10月の管理作業」芝刈りと施肥(普通は9月で寒冷地は10月)

冬に向かって成長が遅くなってきています。
今までは10mm前後で刈り込んできたと思いますが、
10月はちょっと高めの15mm前後で刈り込みましょう。

どうしてか?

はい、それは来年に向け養分(光合成)をたくさん作れるようにです。
今までは延びると刈りましたよね。
すると、せっかく作った養分を葉を出すために使ってしまいます。

それの繰り返しで来たので来年に向けての養分が足りません。
来年の養分を作れるように葉を長めにしてあげるのです。

プラス、施肥をしましょう。(普通は9月で寒冷地は10月)
リン酸(P)とカリュウム(K)の多い化成肥料をあげます。
量は軽くばらまく程度で十分です。

★ 「11月の管理作業」今年最後の芝刈り

今年最後の芝刈りは10mmに刈り込みます。
サッチ(古い根の部分)はレイキや固い竹ボウキで掃いたりして
取り除きます。

※ 12月以降は雑草を取り除きます。

★ 来春の作業

※ 芝焼きは、1月下旬から2月中が良いです。

樹木の【 年 輪 】について

あなたは【年輪】の幅と聞いて

「ああ、年輪の幅の広い方が南」って良く言うよね。
って思いました?

でも、これって間違いです。^^;)

本当は、ですね・・オッホン(自慢げに)

あの年輪の幅に違いができるのは『木に傾きがあるから』なんです。
なーんだそんなことかと言わずに読んでくださいね。

それでは、

木が傾くと倒れないようにと根や幹を太らせるのです。
そして出来たのがあの幅の違う年輪です。

それも、針葉樹と広葉樹では根や幹の太る方向が違うんです!

【針葉樹は傾いた方を押し上げるように、突っ張るように根と幹を太らせます】

逆に、

【広葉樹は傾いた方向と反対側を引っ張るように根や幹を太らせます】

倒れないようにバランスをとろうと木も工夫しているんですね~

それを踏まえてイメージしてくださいね。

斜面に生えた木は少し傾いたものが多いですね。

たとえば北側の斜面に生えた杉とか桧などの針葉樹を例にすると

「針葉樹は傾いた方向の根と幹を太らせる」ので北側に傾いた杉は北側の方が
年輪の幅が広くなります。

反対に
南側斜面に生えた広葉樹は北側に引っ張るように年輪の幅が広くなります。

上記の例では、両方とも北側の年輪の幅が広いですね。

以上の理由から《年輪の幅の広い方が南》とは限らないのです。

これからは、私の勝手な推測です。^^;)

それでは、なぜ「年輪の幅が広い方が南」と言われるのか。

日本は昔から家を建てる材木に杉や桧を使ってきました。

南側斜面などで材木の杉や桧(針葉樹)を切ると年輪の一定方向(南側)が
広かったのでそのような誤解が生まれた。。。と勝手に解釈しています。

「それでは、北側ではどうなの!?」
と言う突っ込みが聞こえてき来そうですが突っ込みはなしでお願いします。

私の想像なので・・・^^;)

チョットしたウンチクを自慢げにお話をしてみました。

アジサイの花は青色が多い ナゼ?

日本の土壌は火山が多いため酸性土が多いですね。

そのため、アジサイの花の色は青い色が多く見られます。

アルカリ性が強いほど、赤が強く出てきます。

この特性を生かすと、多少ですが色の調整が出来ますね。

でもやりすぎると、樹勢が落ちますので気をつけてください。

こんなこと書いてよかったのかなぁ。

する・しないは、ご自分の判断でお願いしますね。

アジサイの花芽を残す剪定

あなたは、アジサイの剪定で失敗したことがありますか?

いちばん良いのは、花がまだ残っているのでもったいない様に思うでしょうが、「花の終わり際」切ることです。

花の終わり際に「茎の青い」ところの芽がある範囲であればどこでも良いです。

茎が木質状になったところで切ると枯れこみ易いです。

そこで

この太くなった木質状の茎は毎年数本ずつ、地際から出ている青い茎と

切り替えてあげると見た目が柔らかく、そして小さくできるでしょう。

 
もし、この時季にできなかったとしても、

秋にはちょっと丸い花芽とちょっと尖った葉芽はすぐに区別がつきます。 

自分の庭にあるのですから適時に剪定できますね!

それでは、気楽にのんびりやりましょう。

PS. 他の方法もあるが上記がベターです。

「用土の再生」コンテナ・鉢物の場合

何回も同じ土を使い続けると、土が痩せてきます。

コンテナや鉢物は一年草がほとんどなので半年に一回土を
入れ替えるのが理想的で良いです。

花壇や畑など地植えの場合、1年に一度ほど土の入れ替えをすると良いですね。
でも、入れ替えとなると結構な作業とお金が掛かります。

そういった時は土の再生をしましょう

花壇や畑などの場合は土の処分には余り困らないでしょうが
ベランダなどの場合、土の入れ替えとなると処分に困るのではないでしょうか。

そういった時にも用土の再生は都合が良いと思いますよ。

それでは、方法です。

★ コンテナ・鉢物の場合

1、まずは、フルイで根や虫などをとり除きます。

2、苦土石灰や牛フン、有機石灰などを加えて土壌を中和する。

3、土をシートに広げ、7~10日ほど陽にさらす。
または、土をビニール袋(黒色が良い)に入れ、水で湿らせ口を縛り、7~10日ほど陽にさらす。
(高温にして無視や殺菌を殺す)

4、肥料や堆肥を混ぜる。

以上が理想です。

「3、」の工程ではシートの上に用土を広げて置くことでも菌や虫の卵などを駆除できますが広い場所が必要になるので上記の袋詰めにすのが場所を取らなくて良いと思います。


「用土の再生」花壇・畑の場合

1、深さ30~40cm位の深さで土を掘り起こす。

2、根や石を取り苦土石灰を混ぜる。

3、7~10日ほど間をあける。
pHが調整され陽にさらして置くことで菌や虫の卵などが死滅。

4、肥料や堆肥を混ぜて天地返しをする。

5、しばらくそのままにして陽にさらします。
寒気にもさらされ虫なども死滅します。

「 用 土 」植物の育成に重要なもの

植物の育成に必要な一つの要素として【 用 土 】があります。

良い花を咲かせるために栄養だけではなく土の構造にも気を使いましょう。
良い土の構造としては「団粒構造」が最適です。

「団粒構造」の特徴は、土の粒子が数個ずつくっついて大きな粒子を作って
いる状態(団粒)で大きな隙間や小さな隙間がたくさんあります。

この隙間は、保水性のある小さな隙間による毛管孔隙が形成されます。
大きな隙間は、空気や水の通り道となり通気性、排水性が良い構造に
なっています。

土が「団粒構造」になることにより、植物が育つのに非常に良好な条件の
一つとなります。

この「団粒構造」の土をつくるには、腐葉土、堆肥、牛フン、鶏糞などを混ぜます。
これらが微生物のエサとなり分解され、腐植土となります。
この腐植が団粒化を促進します。

また、日本の土は酸性化しやすいので苦土石灰などで酸度を調整してくださいね。

と、ココまでは自分で用土から作りたいと言う方に向けて書いてみました。

もっと簡単に出来ないの?
という方はお近くのホームセンターで「培養土」を購入すると良いでしょう。

様々な用土を混ぜて目的に応じた種類がでていますので、それを使うのも一つの手です。

補足として1つお話ししておきます。

日本の土は酸性土が多いので土壌改良に「苦土石灰(アルカリ性)を混ぜる」
とお話しましたが堆肥や肥料を混ぜる7~10日位前に処理をしてください。

そうしないと、アンモニアガスが発生したり、根やけがおきます。
施す目安として1平方メートルに牛乳ビン1本くらいです。
これで、pHが 約 1.0 上がります。

自分のテーマ(好みを見つけよう)

テーマがあると結構楽にできます。

ようは、あなたの好みなんですね、
他の人が見てどう思われても気にしない、他の誰でもありません。

私が庭と言うものを教わった会社の社長さんが言った言葉ですが

「人が十人いて、この庭を見たとき5,6人の人がいい庭だと評価する庭はとてもよい庭だよ」
というようなことを言われたことがあります。

この社長は当時、日本で3本の指に入るくらいの人でしたがこの人にしてもこう感じていたのですから、素人が人の目を気にする必要はないんです。

気楽に、のんびりと行きましょう。自分が楽しければいいんですから。
話が横にずれたので戻します。

 

それでは始めますね、

 

シンボルツリーを入れるのもよし、中低木と草花だけでもいい。

「私の庭のシンボルは、バラよ!」コレもOKですね。

ベランダガーデンなどは狭いですから、特に気を使いましょうね。

「テーブルとイス、この空間がいいのよ」

おぉ、いいですね。私もマンション住まいですからこの空間は欲しいですね。
狭いですから的を絞って植物の配置をしないとねv(^^)

後は、バランスですね。

バランスをよく見せるには
スカイラインに七・五・三の法則でとりましょう。

細かいことは後々に…..

まず最初にテーマを決める。

皆さん、はじめまして。

サイト管理者のフルヤと申します。

もし、あなたが、自宅の「お庭」や「ベランダガ-デン」を、もっとキレイに、もっと楽しくしたいのであれば
ぜひ、このメルマガを読み楽しんで下さい。いくつかの気づきに出会えると思います。
サイトの記事は早めに内容が充実するようにいたします。お楽しみに

○ まず最初にテーマを決める。

と言っても、そんなに難く考える必要はありません。

のんびりと楽しいガーデン作りをしましょう。

ある程度の方向性があると全体のまとまりが出て来ます。

たとえば、

「見て楽しむ」のか「使って楽しむ」のか、
メインは「草花」「ハーブ」「果樹」のどれか

この程度のことを決めるだけでも、「まとまり・なじみ」が違ってきます。

アレもコレもと、たくさん入れようとするとまず失敗します。

肝心なことは、「空間とバランス」それに「気勢」がポイントになってきます。

これらのことは、おいおいお話をしていきたいと思います。

ぜひ、あなたに楽しんでもらいたい、肩の力を抜いて・・ネ!