肥満体型の私がが体重を減らすため生活習慣を変えたら

医者に体重を落とせと言われ、夜の炭水化物の摂取を止めたけれど体重は変わらず。
夜食にお菓子を食べていたのが原因でした。

最初、ちょっと調べてみたりしたのですが。。。

肥満の人が体重を減らそうと思ったら、いきなり激しい運動や厳しい食事制限をするのはやめたほうが良いといいます。

肥満の人であれば、生活態度に改めるべきことが幾つかあるはずです。

肥満の人は食事をたくさん摂っていることが多いのですが、食事のときはとにかくよく噛むことが大切です。
30回噛んで飲みこむ、というペースで食べていきます。
よく噛むことでヒスタミンが分泌されますので、満腹感を感じやすくなり、少ない食事量で満足できるようになります。

肥満の人の体重増加の主な原因は食べ過ぎですから、食事の量が減ればそれだけダイエットにつながるといえます。

食事を摂る時間は、夕食は9時以前になるようにします。

食べる時間が遅くなりすぎると、カロリーが脂肪となって蓄積されやすくなります。
仕事などで夜9時以降しか食事が摂れないという人は、夜食の炭水化物を半分にする、全体の量を減らすなどの工夫をすると良いと思います。

肥満のために食事を少なくしているという人でも、朝ご飯は十分に摂取してくださいね。
朝に物を食べておくことは、減量中でも大事なことです。

朝ご飯を食べることで脳内のセロトニンの量を増やすことができます。
セロトニン不足からくるストレスによる過食(一時期ありました)を防ぐ効果があるのです。

肥満体型の人は、食事以外の理由で肥満になっていることがありますが、運動量が足りないこともその一つです。
少しでも運動不足を解消するためには日頃からエレベーターやエスカレーターを使わないように意識しましょう。

自分にできる範囲で、あまりきついノルマを課せず、階段を一日一回登るなどの決まりをつくるといいと思います。
肥満を改善するために体重を減らしていきたい人は、普段からの取り組みが大事ですね。

私の場合、夕食(野菜と大豆製品が主)を取った後の間食を止めたら何もしていないのに2ヶ月半で「5.2Kg」ほど体重が落ちました。